エリアA(三重大学):観察実験講座「心臓はどのように動いているか」

10月24日(土)午後、三重大学で観察実験講座「心臓はどのように動いているか」が行われました。

講師の先生は三重大学医学研究科・統合薬理学の西村有平先生でした。

講座では、「ストレスを感じると体はどうなる?」という発問から始まり、「イライラする」などの意見が出た中で、心臓の動きに関して着目し進みました。

脊椎動物の実験動物として広く用いられている小型魚類の「ゼブラフィッシュ」の稚魚を顕微鏡で観察し、心臓の拍動と血液の流れる道筋を観察しました。観察は2名一組となって行いました。シャーレの中で動き回る稚魚の観察に苦戦していた受講生たちも、次第にコツをつかみ心臓の拍動や血液の流れを上手く観察できるようになっていきました。心臓の拍動と血液の流れをはっきりと確認するこでき、驚いていました。

心臓の拍動と血流の観察の様子


まず、平常時の心拍数を調べ、次に未知の薬品を加えた場合の心拍数の違いを調べました。受講生は用意された3つのシャーレのゼブラフィッシュの稚魚をそれぞれで4匹づつ観察し、心拍数の平均値を出しました。その後、用意された薬品A、B、Cをそれぞれ別のシャーレに加えて心拍数を測り、薬品を投与しない場合と比較しました。
受講生は薬品の投与前後の違いを見て、「全然違う!」「明らかに差が出てる!」などと驚き、「ストレスを感じると体はどうなる?」という質問に絡めて考察ました。

心拍数を測っている様子


考えたことを話し合っている様子

そして、薬物投与による心臓の活動を調べるシミュレーション実験を行い、様々な薬品を投与した場合について調べ、実験で用いたA,,B,Cの薬品が何であったかを考えました。

受講生は表示される数値や波形を見ながら、心拍数が多くなったり少なくなったりする薬品を探しながら、3つの試薬を特定してする作業を進めました。

シミュレーション実験の様子

心臓の拍動と血液の流れを受講生は熱心に観察を続け、拍動が自律神経により調節されていることを観察実験とシミュレーション実験を通じて学ぶことができました。受講生が医療や薬学に興味をもつ機会になりました。